TOP» »

在宅でどんなことができますか?

01

たとえ在宅であっても、かなり部分で病院と同じような診療やケアができます。
痛みなど苦痛の緩和はかなりの範囲で提供できますし、住宅で酸素や点滴を受けることができます。
生活面でも、介護保険などを利用して様々な生活援助(入浴など)を受けることができます。
具体的には点滴、注射や輸血のなど、在宅酸素、人工呼吸器などの呼吸管理、中心静脈栄養の管理、がん性疼痛:モルヒネ持続皮下注射の管理、胃瘻PEGや経鼻栄養カテーテル管理、尿カテーテル、膀胱瘻、腎瘻、人工肛門、腸瘻の管理、気管切開管理・吸引、褥創処置、外科的処置など多くのことが可能です。
このため外来通院できないか方を自宅で見ることができますので安心して下さい。