HOME» Q&A

Q&A

Q1.在宅医療でどんなことができますか?

A1:自宅(あるいは入所施設)で生活しながら、病院と同じような診療やケアを受けることができます。
さらに痛みなど苦痛を取り除いたり、和らげる緩和ケアも受けることができます。
具体的には以下のように、高度な医療から定期的な予防医療まで幅広く行っています。

・点滴、注射、輸血
・中心静脈栄養、在宅酸素療法、人工呼吸器管理、気管切開管理、吸引
・がん疼痛管理(モルヒネ持続皮下注射等)
・胃ろう・経鼻栄養カテーテル管理
・尿カテーテル、膀胱ろう、腎ろう、腸ろう、人工肛門の管理
・褥創処置をはじめとした外科的処置など

さまざまなことが在宅医療で可能となっています。
通院が困難になってきたという方で、病状が重い方や医療的ケアが定期的に必要な方でも
自宅等で在宅医療を受けながら過ごしていくことができるようになりました。
また医療とともに、介護保険のサービスを利用できる場合もあります。
介護保険のサービス=様々な生活面のサポート(入浴や福祉用具の貸与、住宅改修など)

Q2.どんな方が在宅医療を受けることができるのでしょうか?

A2:やまおか在宅クリニックでは、以下のような方を受け入れていますが、
外来通院が難しくなってきた方で、自宅や入所施設で過ごしたいと希望される方は
年齢・疾患・障がいの種類に関わらず、まずはお気軽にご相談ください。

・がん全般(早期から終末期まで、がんの痛みのコントロールが必要な方も)
・脳梗塞後遺症・神経難病・認知症・小児の疾患など

Q3.『在宅医療』とはどういったものでしょうか?

A3:『在宅医療』とは、自宅等での療養生活をサポートするために、
患者さんの自宅等へ訪問して医療を提供することです。
具体的には以下のように、いろいろな職種による医療やサービスの提供があります。

・『訪問診療』・・医師(在宅医)が自宅等に訪問して行ないます
・『訪問看護』・・看護師が自宅等に訪問して行ないます
・『訪問リハビリテーション』・・理学療法士・作業療法士が自宅等に訪問して行ないます
・『訪問薬剤管理指導』・・薬剤師が自宅等に訪問して行ないます
・『訪問栄養指導』・・栄養士が自宅等に訪問して行ないます
・『訪問歯科診療』・・歯科医師・歯科衛生士が自宅等に訪問して行ないます
・『訪問介護』・・ヘルパーが自宅等に訪問して行ないます
‥そのほか病院の医師、地域連携室、ケアマネージャー、などさまざまな専門職が連携をして
在宅医療を行います。

やまおか在宅クリニックでは『訪問診療』を実施しています。
また、訪問看護や訪問歯科など他の医療資源のご紹介などとともに
生活面のサービスを提供する居宅介護サービス事業所等と連携するなど、
常に患者さんの療養生活の維持・向上を目指しています。
なお、在宅医療には、各種健康保険が適用され、介護サービスには
介護保険が適用*されます。

*介護保険のご利用には年齢等一定の要件があります

Q4.『訪問診療』と『往診』はどう違うのですか?

A4:『訪問診療』とは、診療計画に基づき、定期的に医師が訪問する診療のことです。
『往診』は急変や緊急時、患者さん宅からの依頼に応じて、医師が訪問する診療のことです。

<往診と訪問診療との違い>

往 診 訪問診療
訪問の頻度 突発的、急用時 定期的
治療 対症的治療 予防医学的治療
計画性 なし 計画的(2週間毎など)
期間 1回ずつ・短期 長期継続的
訪問介護 なし あり
介護補助 なし なし

Q5.病院を退院し、自宅に戻ることになりました。
退院時に『在宅医療を』と薦められましたがなんとなく不安を感じます

A5:ご自宅で安心して生活をしていただくための医療こそ『在宅医療』です。
病院からの退院後、外来通院することが困難な場合でも『在宅医療』ですと
医師が自宅等に訪問して診療を行い、お薬の処方などを行うことができます。
また他の医療や介護サービスとの連携も行いますので、自宅等での療養を希望されている方に
安心して住み慣れた場所で療養して頂けるよう務めます。
また、外来通院が困難となり、『在宅医療』を希望される場合でも同様です。
入院していた病院の関係も持続しますので安心してください。

Q6.定期的な訪問診療以外での緊急時や急な発熱や容態の変化等にも対応していただけますか?

A6:当院は緊急時や急用時には24時間365日、いつでも電話連絡がとれるようにしています。
急な発熱、容態の変化がある場合はまず電話を頂き、必要に応じ往診等を行います。*
どうぞご安心ください。
*往診等の24時間対応:当院をかかりつけとする患者さんに行います

Q7.入院が必要なときはどうするのですか?

A7:在宅での療養が困難なときや、緊急時に入院が必要なときには、かかりつけの病院か
当院と提携している病院(後述)に入院できるように対処をいたします。 
やまおか在宅クリニックは多くの病院と提携をしていますので、どうぞご安心してください。

Q8.どこまで訪問してくれますか?

A8:大分市全域ですが、坂の市、佐賀関は除きます。由布市も挾間や庄内の一部まで訪問可能です。
目安としては当院より車で30分以内の範囲です。
やまおか在宅クリニックは大分市中心部の交通の便の良い所にありますので
「どうかな・・」と思われる場合でもまずはご相談下さい。

Q9.家で最期を迎えることはできますか?
また、がんの末期といった状態の場合、自宅で過ごせるものでしょうか?

A9:がんの場合も、それ以外の病気の方も、大部分の患者様は、ご自宅で最期を迎えることはできます。
自宅であっても、いくつかの工夫さえすれば、痛みや苦しみを和らげ、穏やかな最期を迎えることができます。
穏やかな生活を送ることができるように、医療面、生活面の両方から様々な援助を行っていきます。
当院院長はがん末期も専門としていますので、どうぞご安心下さい。

Q10.お金はどのくらい必要ですか?

A10:在宅での療養は、患者さんの重症度や症状により、
1か月に訪問する回数や診療内容(処置や検査など)が異なり、医療費は大きく変わります。
また医療費自己負担額については、患者さんの医療保険の負担割合(1割~3割)、
各種助成金などにより変動しますので当院へお気軽にご相談ください。
さらに高額療養費制度の利用により負担を更に軽減するしくみもありますので、
ご加入の健康保険組合へご相談ください。

Q11.どうすれば受診できますか?

A11:現在通院や入院をしている病院(医師・医療相談室)で受診希望をお伝え頂くか、当院へ電話にてご相談ください。
やまおか在宅クリニック相談窓口
TEL097-545-8008:月~水・金曜‥9時~17時、木土曜‥9時~12時、日祝休み